薬副作用症状詳細のTOPに戻る
「薬副作用症状詳細」トップ >  抗がん剤 > ジェムザール副作用


ジェムザール副作用

ジェムザールは、ゲムシタビンが主成分の、代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤です。
ジェムザールは、日本イーライリリー株式会社により製造・販売されております。

代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤ジェムザール注射用(ゲムシタビン)の主な副作用には、骨髄抑制(特に、白血球減少、好中球減少、リンパ球減少、赤血球減少、ヘモグロビン減少、血小板減少)、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、倦怠感、脱毛、悪心、食欲不振、血管障害、関節痛、感覚鈍麻、味覚異常、筋痛などがあります。

ジェムザールの副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定されています。

重大・重篤なレベルのものとしては、以下の様な事項の症状が想定されております。
重大な副作用一覧
副作用名称 想定症状など
骨髄抑制 白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、ヘモグロビン減少、赤血球減少、出血、発熱、悪寒、口中の白い斑点、点状出血(手足の赤い点)、紫斑、鼻血、歯茎の出血、水便、脱力感等
間質性肺炎 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多、動悸、息切れ等
アナフィラキシー様症状 紅斑、悪寒、口腔咽頭浮腫、口内の違和感、かゆみ、くしゃみ、顔面紅潮、熱感、吐き気、嘔吐、尿意、便意、そう痒感、全身発赤、顔面・喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下、喘鳴、血管浮腫、不快感、眩暈、耳鳴、発汗等
心筋梗塞 突然の左前胸部圧迫感、狭心痛、嘔吐、吐き気、ショック状態等
うっ血性心不全 心臓の収縮力の低下、血液送出量低下、心臓・肺等の静脈のうっ血、動悸、息切れ、就寝中の咳、呼吸困難等
肺水腫 急激な呼吸困難、胸部痛、嘔吐、不整脈、下痢、発汗、ピンク又は白い泡状の痰
気管支痙攣(きかんしけいれん) 胸がつまる感じ、喘鳴、呼吸困難等
成人呼吸促迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)(ARDS) 頻呼吸、1回換気量の低下、肺水腫、胸部X線上の著明な滲出液、酸素飽和度と動脈血酸素分圧の急激な低下等
腎不全 むくみ、尿が出にくい、尿毒症等
溶血性尿毒症症候群 動悸、息切れ、尿の出が悪い、顔面が蒼い、血小板減少、ビリルビン上昇、クレアチニン上昇、BUN上昇、LDH上昇を伴う急速なヘモグロビン減少等の微小血管症性溶血性貧血の兆候
皮膚障害 重篤な皮膚障害(紅斑、水疱、落屑等)
肝機能障害 倦怠感の増大、食欲低下、呼吸困難、吐き気、常に眠い、黄疸、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、総ビリルビン等の上昇等
黄疸 嘔気・嘔吐、食欲不振、倦怠感、そう痒等、皮膚・白目が黄色くなる、下痢、全身の脱力感、38〜39度の発熱、ぶつぶつ状の発疹等

上記の様な症状が現れた場合には、速やかに医師か薬剤師と相談してください。

重大な副作用は、滅多にありませんが、投薬開始時の初期症状には、注意が必要です。

その他のものとしては、以下の様な事項が想定されております。
その他の副作用一覧
部位名称等 副作用名称、症状
循環器 頻脈、血圧上昇、血圧低下、狭心痛、動悸、心室性期外収縮、発作性上室頻拍、心電図異常(ST上昇)
呼吸器 呼吸困難、高炭酸ガス血症注1)、低酸素血、咳嗽、PIE(肺好酸球浸潤)症候群、喘鳴、喀痰、息切れ
腎臓 総蛋白低下、電解質異常、アルブミン低下、BUN上昇、蛋白尿、血尿、クレアチニン上昇、乏尿
消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、便秘、口内炎、胃部不快感、歯肉炎
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、LDH上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇、A/G比低下、γ-GTP上昇、ウロビリン尿
精神神経系 頭痛、めまい、不眠、知覚異常、嗜眠、しびれ
皮膚 発疹、脱毛、そう痒感、蕁麻疹(じんましん)
注射部位 注射部位反応(静脈炎、疼痛、紅斑)
血管障害 末梢性血管炎、末梢性壊疽
その他 疲労感、発熱、インフルエンザ様症状(倦怠感、無力症、発熱、頭痛、悪寒、筋痛、発汗、鼻炎等)、放射線照射リコール反応、血小板増加、体重減少、尿糖陽性、好酸球増多、関節痛、悪寒、味覚異常、鼻出血、倦怠感、浮腫、CRP上昇、体重増加、疼痛、ほてり、胸部不快感、眼底出血、体温低下、耳鳴り、眼脂、無力症、顔面浮腫

上記は、あくまで主要なものであり、全てを記載したものではありません。

上記以外でも、気になる症状がある場合には、医師か薬剤師と相談してください。

また、持病やアレルギーのある方は、本薬との併用に際して医師か薬剤師と相談してください。

以下の方は、基本的に禁忌です。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・妊婦又は妊娠している可能性のある方
・高度な骨髄抑制のある方
・胸部単純X線写真で明らかで、かつ臨床症状のある間質性肺炎又は肺線維症のある方
・胸部への放射線療法を施行している方
・重症感染症を合併している方

以下の併用は、基本的に禁忌です。

・胸部放射線照射


関連コンテンツ

リツキサン副作用

抗悪性腫瘍剤・抗CD20モノクローナル抗体リツキサン注(リツキシマブ)の主な副作用には、発熱、悪寒、そう痒、頭痛、ほてり、血圧上昇、頻脈、多汗、発疹、白血球減少、好中球減少、血小板減少、AST(GOT・・・

ドセタキセル副作用

ドセタキセルは、ドセタキセル水和物が主成分の、タキソイド系抗悪性腫瘍剤です。 ドセタキセルは、サノフィ株式会社により製造・販売されております。 タキソイド系抗悪性腫瘍剤ドセタキセル(ドセタキセ・・・

タキソテール副作用

タキソイド系抗悪性腫瘍剤タキソテール点滴静注用(ドセタキセル水和物)の主な副作用には、脱毛、食欲不振、全身倦怠感、悪心・嘔吐、発熱、下痢、感染症、白血球減少、好中球減少、ヘモグロビン減少、血小板減少、・・・

TS1(ティーエスワン)副作用

TS1(ティーエスワン)配合カプセル(テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウム等)の主な副作用には、投与方法により以下の症状が想定されています。 単独投与時 白血球減少、好中球減少、ヘモグロ・・・

トレチノイン副作用

トレチノインは、トレチノインが主成分の、急性前骨髄球性白血病治療剤です。 トレチノインは、中外製薬株式会社により製造・販売されております。 急性前骨髄球性白血病治療剤トレチノインカプセル(トレ・・・

ベサノイド副作用

急性前骨髄球性白血病治療剤ベサノイドカプセル(トレチノイン)の主な副作用には、トリグリセライド上昇、レチノイン酸症候群、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、発熱などがあります。 ベサノイ・・・

メソトレキセート副作用

葉酸代謝拮抗剤メソトレキセート錠(メトトレキサート)の副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定されています。 重大・重篤なレベルのものとしては、以下の様な事項の症状が想定されております。 ・・・

イリノテカン副作用

イリノテカンは、イリノテカン塩酸塩水和物が主成分の、抗悪性腫瘍剤です。 イリノテカンは、マイラン製薬株式会社、日本化薬株式会社、あすか製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、沢井製薬株式会社、サンド株式・・・

カンプト副作用

カンプトは、イリノテカン塩酸塩水和物が主成分の、抗悪性腫瘍剤です。 カンプトは、株式会社ヤクルト本社により製造・販売されております。 抗悪性腫瘍剤カンプト点滴静注(イリノテカン塩酸塩水和物)の・・・

トポテシン副作用

抗悪性腫瘍剤トポテシン点滴静注(イリノテカン塩酸塩水和物)の主な副作用には、白血球減少、ヘモグロビン減少(貧血)、血小板減少、下痢、悪心・嘔吐、食欲不振、腹痛、腸管麻痺、腸管穿孔、消化管出血、大腸炎、・・・

シスプラチン副作用

抗悪性腫瘍剤シスプラチン注(シスプラチン)の副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定されています。 重大・重篤なレベルのものとしては、以下の様な事項の症状が想定されております。 ・・・

アブラキサン副作用

アブラキサンは、パクリタキセルが主成分の、抗悪性腫瘍剤です。 アブラキサンは、大鵬薬品工業株式会社により製造・販売されております。 抗悪性腫瘍剤アブラキサン注射液(パクリタキセル)の主な副作用・・・

パクリタキセル副作用

パクリタキセルは、パクリタキセルが主成分の、抗悪性腫瘍剤です。 パクリタキセルは、日本化薬株式会社、マイラン製薬株式会社、沢井製薬株式会社、サンド株式会社などにより製造・販売されております。 ・・・

タキソール副作用

抗悪性腫瘍剤タキソール注射液(パクリタキセル)の主な副作用には、末梢神経障害、関節痛、筋肉痛、悪心、嘔吐、脱毛、発熱、白血球数減少、好中球数減少、ヘモグロビン減少、血小板数減少、AST(GOT)上昇、・・・

ゲムシタビン副作用

ゲムシタビンは、ゲムシタビンが主成分の、代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤です。 ゲムシタビンは、日本化薬株式会社、大正薬品工業株式会社、テバ製薬株式会社、沢井製薬株式会社、サンド株式会社、大鵬薬品工業株式会社・・・

アリミデックス副作用

アロマターゼ阻害剤/閉経後乳癌治療剤アリミデックス錠(アナストロゾール)の主な副作用には、関節痛、肝機能異常、ほてり、発疹などがあります。 アリミデックスの副作用としては、以下の様な項目や症状等・・・

イレッサ副作用

抗悪性腫瘍剤(上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤)イレッサ錠(主成分:ゲフィチニブ)の主な副作用には、発疹、肝機能異常、下痢、急性肺障害、間質性肺炎、皮膚乾燥、ざ瘡などがあります。 ・・・

エマルック副作用

エマルックは、タモキシフェンクエン酸塩が主成分の、抗乳癌剤です。 錠剤タイプがあります。 エマルックは、日医工株式会社により製造・販売されております。 抗乳癌剤エマルック錠(タモキシフェンク・・・

フェノルルン副作用

フェノルルンは、タモキシフェンクエン酸塩が主成分の、抗乳癌剤です。 錠剤タイプがあります。 フェノルルンは、MeijiSeikaファルマ株式会社により製造・販売されております。 抗乳癌剤フェ・・・