薬副作用症状詳細のTOPに戻る


イナビル副作用

A型・B型インフルエンザウイルス感染症治療薬イナビル吸入粉末剤の主な副作用には、下痢、悪心、ALT(GPT)上昇、胃腸炎などがあります。

イナビルの副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定されています。

重大・重篤なレベルのものとしては、以下の様な事項の症状が想定されております。
重大な副作用一覧
副作用名称 想定症状など
ショック 血圧低下に伴う失神、意識消失、チアノーゼ、呼吸困難、胸内苦悶、冷感、嘔吐、顔が赤くなる、痒み、蕁麻疹(じんましん)、しびれ、動悸、息切れ等
アナフィラキシー様症状 紅斑、悪寒、口腔咽頭浮腫、口内の違和感、かゆみ、くしゃみ、顔面紅潮、熱感、吐き気、嘔吐、尿意、便意、そう痒感、全身発赤、顔面・喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下、喘鳴、血管浮腫、不快感、眩暈、耳鳴、発汗等
気管支攣縮(きかんしけいれん) 胸の圧迫感、呼吸困難等
呼吸困難 息切れ、心臓の脈拍が上がる、胸部の痛み、手足が冷たい、倦怠感等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 皮膚がまだら模様に赤くなる、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱、関節の痛み、目の充血等
中毒性表皮壊死症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN) 皮膚が赤くなる、皮膚が焼けるように痛む、皮膚に水脹れが出る(各種皮膚障害)、発熱、口内が荒れる等
多形紅斑(たけいこうはん) 手の甲・足の甲・肘・膝などの四肢伸側に左右対称に多発する円形の紅斑、発熱、痛み等

上記の様な症状が現れた場合には、速やかに医師か薬剤師と相談してください。

重大な副作用は、滅多にありませんが、投薬開始時の初期症状には、注意が必要です。

その他のものとしては、以下の様な事項が想定されております。
その他の副作用一覧
部位名称等 副作用名称、症状
過敏症 蕁麻疹(じんましん)、発疹、紅斑、そう痒
消化器 下痢、胃腸炎、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満、食欲不振、腹部不快感、口内炎
精神神経系 めまい
血液 白血球数増加
肝臓 ALT(GPT)上昇、肝機能異常、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇
泌尿器 尿蛋白

上記は、あくまで主要なものであり、全てを記載したものではありません。

上記以外でも、気になる症状がある場合には、医師か薬剤師と相談してください。

イナビルとの因果関係は不明ですが、未成年者や小児が服用した場合に、異常行動の可能性があるため、最低2日間は、患者を一人にしない様、注意してください。

関連コンテンツ

クラビット500副作用

広範囲経口抗菌製剤クラビット錠500mg(レボフロキサシン水和物)の主な副作用は、下痢、悪心、発疹、めまい、白血球数減少、不眠、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇などがあります。 クラビ・・・

レボフロキサシン副作用

広範囲経口抗菌製剤レボフロキサシン錠(レボフロキサシン水和物)の副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定されています。 重大・重篤なレベルのものとしては、以下の様な事項の症状が想定されており・・・

ラミシール副作用

アリルアミン系抗真菌剤ラミシールクリーム(テルビナフィン塩酸塩)の主な副作用には、接触皮膚炎、そう痒感、発赤、刺激感などがあります。 ラミシールの副作用としては、以下の様な項目や症状等が想定され・・・

リクモース副作用

リクモースは、クラリスロマイシンを主成分とする、マクロライド系抗生物質製剤です。 200mgタイプがあります。 リクモースは、東和薬品株式会社から販売されております。 マクロライド系抗生物質・・・

マインベース副作用

マインベースは、クラリスロマイシンを主成分とする、マクロライド系抗生物質製剤です。 200mgタイプがあります。 マインベースは、セオリアファーマ株式会社、武田薬品工業株式会社から販売されておりま・・・

クラロイシン副作用

クラロイシンは、クラリスロマイシンを主成分とする、マクロライド系抗生物質製剤です。 200mgタイプがあります。 クラロイシンは、シオノケミカル株式会社から販売されております。 マクロライド・・・

クラリスロマイシン副作用

クラリスロマイシンは、クラリスロマイシンを主成分とする、マクロライド系抗生物質製剤です。 200mgタイプがあります。 クラリスロマイシンは、メディサ新薬株式会社、エルメッドエーザイ株式会社、ニプ・・・

クラリシッド副作用

クラリシッドは、クラリスロマイシンを主成分とする、マクロライド系抗生物質製剤です。 200mgタイプがあります。 クラリシッドは、アボットジャパン株式会社から販売されております。 マクロライ・・・

クラリス副作用

マクロライド系抗生物質製剤クラリス錠(クラリスロマイシン)の主な副作用には、対象疾患により以下の症状が想定されています。 一般感染症の方 腹痛、下痢等の消化器症状、発疹、ALT(GPT)上昇、・・・

ベルクスロン副作用

ベルクスロンは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ベルクスロンは、東和薬品株式会社から販売されております。 抗ウイルス・・・

ファルラックス副作用

ファルラックスは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ファルラックスは、杏林製薬株式会社、キョーリンリメディオ株式会社などから・・・

ビルヘキサル副作用

ビルヘキサルは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ビルヘキサルは、日本ジェネリック株式会社、サンド株式会社、などから販売され・・・

ビゾクロス副作用

ビゾクロスは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ビゾクロスは、テバ製薬株式会社、大正薬品工業株式会社などから販売されておりま・・・

ビクロックス副作用

ビクロックスは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ビクロックスは、小林化工株式会社、MeijiSeikaファルマ株式会社など・・・

ゾビクロビル副作用

ゾビクロビルは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 ゾビクロビルは、日本薬品工業株式会社から販売されております。 抗ウイ・・・

クロベート副作用

クロベートは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 クロベートは、株式会社ポーラファルマから販売されております。 抗ウイル・・・

アシロミン副作用

アシロミンは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 アシロミンは、化研生薬株式会社、メディサ新薬株式会社などから販売されておりま・・・

アシクロビン副作用

アシクロビンは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 アシクロビンは、日本ケミファ株式会社、日医工株式会社などから販売されており・・・

アシクロビル副作用

アシクロビルは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 アシクロビルは、沢井製薬株式会社、田辺製薬販売株式会社、長生堂製薬株式会社・・・

アクチオス副作用

アクチオスは、アシクロビルを主成分とする、抗ウイルス化学療法剤です。 200mgタイプと、400mgタイプがあります。 アクチオスは、テバ製薬株式会社から販売されております。 抗ウイルス化学・・・